このエントリーをはてなブックマークに追加

1月

17

Effective SQL 読書会(9)

項目 32 複雑な問題の解決にGROUP BYとHAVINGを利用する

Organizing : meijik

Hashtag :#effectivesql
Registration info

一般参加

300(Pay at the door)

FCFS
2/24

Description

JohnL.Viescas/DouglasJ.Steele/BenG.Clothier 著,株式会社クイープ 監訳の「Effective SQL」の読書会です。

特に準備は不要ですが、参加者は各自「Effective SQL」をご用意ください。

英語の原著ではなく、日本語訳の読書会ですので、日本語訳を御用意ください。

以下のブログで予告(?) していた読書会です。

Effective SQL 日本語版が発売されます

参加者で順に読んでいき、不明点などを話し合います。(特に発表者はおかず、参加した人で愚直に読んでいきます)

月に1~2度目黒にて行う予定にしています。(月・水・木・金いずれかの曜日になる予定)

ページ 項目 タイトル
今回 2019-01-17(木) 130 32 複雑な問題の解決にGROUP BYとHAVINGを利用する
8 2018-12-07(金) 121 30 GROUP BYの仕組みを理解する
7 2018-11-05(月) 101 25 複数の条件を使用する問題の解決方法を理解する
6 2018-10-22(月) 80 21 UNIONを使って非正規化データをアンピボットする
5 2018-09-10(月) 62 17 計算値をインデックスで使用する状況を理解する
4 2018-08-27(月) 44 12 フィルタリング以外にもインデックスを利用する
3 2018-07-30(月) 25 8 第三正規形で十分でなけれ ば、さらに正規化する
2 2018-05-24(木) 8 3 繰り返しグループを取り除く
1 2018-05-14(月) ix N/A はじめに
延期 2018-05-09(水) ix N/A はじめに

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

meijik

meijik さんが書き込みました。

2019/01/17 21:13

FirebirdでFLOATを使(う|わない)理由 http://blog.kimuradb.com/?eid=877524

meijik

meijik さんが書き込みました。

2019/01/17 20:58

DISTINCT, COUNT, そしてNULL http://blog.kimuradb.com/?eid=877520

meijik

meijik published Effective SQL 読書会(9).

12/20/2018 09:25

Effective SQL 読書会(9) を公開しました!

Group

目黒バイナリ勉強会

Number of events 60

Members 118

Ended

2019/01/17(Thu)

19:30
21:30

Registration Period
2018/12/20(Thu) 09:25 〜
2019/01/17(Thu) 21:30

Location

下目黒住区センター 第2会議室(定員24名)

東京都目黒区下目黒 2-20-19

Organizer

Attendees(2)

yuyabu

yuyabu

Effective SQL 読書会(9)に参加を申し込みました!

quwahara

quwahara

Effective SQL 読書会(9)に参加を申し込みました!

Attendees (2)